助成金一覧

既卒者育成支援奨励金

成長分野等の中小企業事業主において、卒業後も就職活動中の新規学校卒業者等を正規雇用へ向けて長期的な育成を行うために、まずは有期雇用(原則6ヶ月)で雇用(その間、実習に加え、座学等(OFF-JT)を実施)し、その後、正規雇用に移行させた事業主の方に奨励金が支給されます。

【助成金概要】

種類 雇用関係
管轄
業種・形態
助成金額 助成率:
公募時期
要件・条件の概要 ・ 有期雇用期間(原則6カ月):対象者1人につき月額10万円(最大60万円)
・ 有期雇用期間の座学等に要した経費(3カ月以内):対象者1人につき月額上限5万円(最大15万円)
・ 有期雇用終了後の正規雇用での雇い入れ:対象者1人につき50万円(正規雇用から3ヵ月経過後に支給)

【留意点】
成長分野等の中小企業事業主が、「育成計画書」及び「既卒者育成雇用求人」をハローワーク又は新卒応援ハローワークに提出し、ハローワーク又は新卒応援ハローワークからの紹介により、3年以内既卒者を原則6カ月間、有期雇用として雇い入れ、育成計画書に基づく座学等により育成した上で、その後正規雇用で雇い入れた場合に、奨励金を支給します。
詳しくは
こちらから
公募型助成金申請スケジュール診断はこちらから>>
公募型助成金獲得実践講座はこちらから>>

平成29年2月~平成30年1月の公募型補助金助成金

申請スケジュール診断サービス受付中!

<補助金・助成金コンサルタントによるご面談、

 お電話による無料相談つき>




お問合せ
ページ上部へ